【PR】

気象庁 今 いる場所 の危険度

6月からは線状降水帯やゲリラ豪雨の発生が多くなってくるんですが、毎年のように豪雨災害が発生しています。

実際私が暮らしている広島も西日本豪雨で相当な被害があって同時多発的にいろんな場所で土砂崩れが発生してたくさんの方が亡くなってしまいましたね。

実際私の知り合いも大変な被害に遭いました。

西日本豪雨

西日本豪雨の当時は大雨注意報とかの情報はよく見ていたんですが、土砂崩れや洪水と言った災害は生まれてから、土砂崩れを実際に体験することが無かったので、自分には関係のない災害と思っていたから調べる事もしなかったんですよね。

 

ですが、西日本豪雨からは、大雨の注意報の他に、土砂崩れや洪水の注意報も気にするようにしています。

最近知ったのが、気象庁が提供しているホームページでとても便利なサイトが運用されているんです。

それが、「土砂キキクル」というサイトになります。

 

西日本豪雨の後にこのサイトの話しを聞いてすぐに表示できるようにしたんですが、最新の危険情報が表示されているので、ものすごく助かっていますね。

 

下が実際の画像で、今日の昼間の那珂川町に出ていた土砂災害のキキクルのレベルですが、ピンクのエリアが表示していつ土砂崩れが起きてもおかしくない状態だったみたいです。

土砂キキクル

現在はピンクは無くなっていますが、以前として危険な状態を表示していました。

土砂キキクル

こうやって、今の危険度を早急に表示してくれるから、どのエリアが今危ないのかをしっかり調べれて、避難が必要なのか、を検討することが簡単にできるようになっています。

 

避難をするかどうかは、どうしても当事者の判断になってしまうんですが、このように目に見えて危険を察知することができるのは、すごく使えるサイトだと思います。

 

これから、夏になるにつれて、雨も多くなるので、大雨になった時は今、自分がいる場所の危険度をしっかり把握して、避難するようにしたらいいね。

土砂キキクルを登録してすぐに見れるようにすることが大切です!