【PR】

人工関節(右膝蓋骨骨折) 障害年金 いくらもらえる

人工関節(右膝蓋骨骨折)で障害年金を受給される事が分かりました。

 

受給者

性別:男性

年齢:30代

病名:人工関節(右膝蓋骨骨折)

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3等級

 

相談時の状況

事故により、右膝蓋骨を骨折し手術をせずに様子を見ていましたが、手術を行い人工関節の手術を施工しました。

担当医から、障害年金の話しを聞き相談をしました。

 

相談時から請求開始までの対応

 担当医からの紹介という事もあり、手続きに必要な書類はすぐに作成することができました。

手続きもすぐに行う事が出来たので、受給もすぐに行う事が出来て、本人様は喜んでいました。

受給結果

人工関節(右膝蓋骨骨折)で障害厚生年金3等級で、年間で約80万円の受給を受ける事ができるようになりました。

 

障害年金社会保険労務士に頼むメリット

障害年金の申請は自分でも行う事ができますが、手間と大変な労力がかかります。

特に、病気の診断が付いた時まで遡らないといけないので、個人で行うには大変難しいです。

さらに、病気やケガをしている状態で、行う事は得策ではありません。

今回の話しのように、当人の麻痺もある状態で、担当医との調整も必要になるので、個人で行うには大変難しい時もあると思います。

この障害年金は、様々な書類を準備しないと行けなかったり、書類に不備があると受給までに半年から一年近くかかる恐れがあるので、それを防ぐために、専門の社会保険労務士にやってもらうのがベストになります。

特に、障害年金に強い専門家に依頼するのがベストです。

 

人工関節(右膝蓋骨骨折)と診断されて、障害年金が受給されることを知らない人も多いので、病気に強い社会保険労務士事務所に相談の依頼を申し込みしましょう。

これから病気と向き合っていくあなたに寄り添ってくれます