人間と野生動物の住む世界は違うから人間の生活圏に入ったら駆除は必要です。

北海道で羆に襲われた男性の身元が分かったみたいですね。

 

記事を読んでいたら、オスの羆が5月14日に襲って、17日には猟友会に駆除されたと書いてありました。

 

職場の人とも、「一度人間の血の味を覚えたやつは、早々に始末しないと絶対次の被害者が出るよね。」って話しをしていたので、早々に駆除されて本当によかったと思いますね。

 

羆の事件と言えば、「三毛別羆事件」が有名ですが、こういった被害がもう出ないように、しっかりと人を襲った獣は駆除していかないと人間が安全に生活する事ってできないんだと改めて思いますね。

 

一部、動物愛護団体のおかしなメンバーが野生動物の保護をとか言ってるとこを見る事があります。

けど、自分は、すべての野生動物を守る必要はないと思いますね。

だって、人間に害を与える動物は、害獣でしかないので守る必要はないと思います。

もちろん、退けたりする必要はありますが、やっぱり人間の生活圏に現れたら、駆除しないといけないと思いますね。

 

人間と野生動物の住む世界はやっぱり違うとすべての人間が認識しておかないといけないのかなって思いますね。